人気が高い中古物件と家を売却するポイントとは

中古物件の価格の推移を調べていくと、
下落率の大きさに違いがあることに
気がつくのではないでしょうか。

人気のある物件の価格は下落率が小さく、
そうでない物件と比較すると高値を
維持しやすいものです。

もちろん売却時にもその価格に反映されますので
参考にすると良いでしょう。

いろんな視点から家の価格は多くの観点によって
判定され、相場価格として
形成されていきます。

影響を与えるポイントには
いくつかありますが、
高値で売買される物件には
複数の共通点があります。

それが築年数とハウスメーカーと立地条件です。
築年数の経過していない築浅物件は高い人気を集めます。

伝統のある住宅地や人気のマンションであれば
この限りではありませんが、一般的に家は
築年数が少なければ少ないほど高値で売却できるものと
考えて良いでしょう。

ハウスメーカーやディベロッパーのブランド力
というのも無視できないポイントです。無視できない

一流と言われるメーカーの家であれば、
売却価格にある程度の上積みが
期待できると言えます。

マンションも不動産会社の
ブランドイメージによって
売却価格に差が発生することも
珍しくありません。

立地条件は絶対的なポイントです。
一軒家の場合は駐車スペースの有無や
近隣商業施設へのアクセスなど、マンションであれば
駅からの距離が査定に大きな影響を与えると
考えて良いでしょう。

もちろん不動産会社によって査定額に
違いがありますので、一括査定サイトを利用して
複数の会社から見積もりを取るということも重要です。