家を売却する時の媒介契約の結び方

家を売却するときに、不動産会社を通じて購入希望者を
募りたい場合は、その業者と媒介契約と締結することに
なりますが、この契約の結び方には大きく、
一般、専任、専属専任の3種類の形態があります。

広く購入希望を募りたい場合は、もっとも制約が少ない
「一般」の形態を選ぶと良いです。

これを選んだ場合、2つ以上の不動産会社に同時に
媒介契約ができ、売主自身で家の売却先を見つけた場合は
直接売買契約を締結することができます。

一般の契約形態には明示型と非明示型の2種類があり、
前者を選んだ場合は、ある不動産会社に仲介を
依頼した時点で、既に物件の取引の仲介を
依頼している不動産会社があれば、それを
明示しなければなりません。

くっきり見える不動産会社同士の競争が起こりやすい
契約形態ですが、確実に仲介手数料が入る
保証はないため、中にはあまり真剣に
取り組んでくれない不動産会社も存在します。

一方で、1つの不動産会社のみに家の売却の
仲介を依頼する場合は、「専任」か
「専属専任」のどちらかを選ぶと良いです。

どちらも、契約締結後は他社に家売却の仲介を
依頼することはできなくなりますが、専任はあとで
媒介契約を履行するのに要した費用を支払うことを条件に
自分で見つけてきた相手と売買契約を締結できるのに対して、
専属専任を選ぶと必ず契約した不動産会社を通して
取引をしなければなりません。はっきりと

独占的に売却する家の取引に関わることができる
不動産会社側にも、指定流通機構に物件情報を登録し、
売主に対して定期的に進捗状況を報告する義務が
課されますが、成約ができれば確実に仲介手数料などの
収入が入るため、しっかりと販売活動に
取り組んでくれます。