必要な費用と税金、家を売却するときにいくらかかる?

家を売却する際には利益が生じるため、
税金を納めなければなりません。

その他、不動産仲介手数料・登記費用
(場合に応じて)・印紙税・ローン残高などの
支払いが一般的には必要となります。

不動産仲介手数料の金額は、各不動産会社によって変わります。

「取引価格×3%+6万円+消費税」という上限が
決められていますので、事前に計算しておきましょう。

登記費用とは、住宅ローンなどの借金をした場合に
家を担保として確保しておく抵当権があり、
借りた先の金融機関(銀行等)にて
抵当権設定登記を指定されます。

家の売却・ローン完済となったあとは、
抵当権登記の抹消をする必要があり、
その費用は「1,000円/不動産1件」で
「家+土地」の場合は不動産2件という
カウントのしかたとなるので、
2,000円かかることになります。広々

この手続きを司法書士に
依頼することもでき、
その場合の費用は5,000~
10,000円ほどとなります。

抵当権印紙税とは、売買契約書に
添付が必要となるものです。

取引価格によって印紙税額も決まっていますので、
これも事前に計画しておきましょう。

郵便局などで印紙は購入することができます。

家を売却するためにはローンの完済が
条件となっていますが、そのタイミングは
売却完了時に一括返済しておく必要があります。目立ちにくい

繰上返済ということにもなりますので、
それ相応の事務手数料がかかる場合があります。

また、家の売却時にかかった費用を差し引いても
利益が出る時には、所得税・住民税の納税が
必要となります。

特例で税金が免除されることもありますので、
適用となるかどうかしっかり調べましょう。