前撮りの時期, 結婚式の前撮りをするメリット

婚約の際に写真を撮る人が増えている

最近は、結婚式の写真を前撮りで撮影するカップルが増えてきました。
前撮りの良いところは、時間をかけて丁寧に撮れることがあげられます。

その日を一日撮影に使うことができますので、リラックスして撮ることが
できますし、最近は屋外でのロケーション撮影を選ぶ人も増えてきました。

結婚式とは、別の衣装を選べるのも前撮りの良いところです。
前撮りというと、結婚式の写真をイメージする人が多くなっていますが、
最近はエンゲージメントフォトを撮影する人も増えてきました。

結婚の撮影

結婚写真とどう違うのかも知っておきたいところですが、
まず、これは婚約してから結婚式までの間に撮影する記念写真です。

まだ日本ではあまり知られていませんが、欧米では一般的となっており
日本でも少しずつ人気が広がってきています。

フォトウェディングの場合は写真スタジオやチャペルを選ぶことが
多くなっていますが、エンゲージメントフォトの場合は、
撮影したい場所を自由に選べるのも特徴的です。

初めてのデートやプロポーズを受けた場所など、二人の想い出の場所を選ぶこともできます。
ポーズや服装なども自由に選ぶことができますので、個性ある記念写真を残しましょう。

カジュアルな服装で撮れる

フォトウェディングの場合は、ウェディングドレスやカラードレス、
打掛などの花嫁衣裳を着用することが一般的で、男性もタキシードや
紋付きなどの衣装を着用することになります。

これに対して、エンゲージメントフォトの前撮りでは、
特別な衣裳を用意する必要はありません。

デートで訪れた琵琶湖などの想い出の場所で撮影するなら
普段着でも十分です。デートで着用していた服を選ぶこともできますし、
ペアルックでの撮影もおすすめです。

結婚写真の前撮りのように豪華な衣裳を着用するのではありませんが、
より自然でカジュアルな写真が撮れるのが魅力です。

カジュアルに前撮り

フォトウェディングのように衣装代やヘアメイク代に
あまり費用が掛からないので、費用が抑えられるのも
メリットといえるでしょう。

撮影した写真は、結婚式のウェルカムボードや、演出のムービーなどにも活用できます。
琵琶湖のある滋賀県は観光スポットもたくさんあるので、素敵な写真が残せるのではないでしょうか。

水辺をバッグに美しい写真を撮ることもできますし、
ボートに乗っている場面なども楽しい雰囲気があります。

いつも着用している普段着で撮影しますので、自然な良い表情で撮れることも期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)