前撮りの写真でできること, 成人式の前撮り

成人式で着物で前撮りするときに考えておきたいこと

成人式の前撮りではプロの写真家の方がついてくれるので、適切な指示はしてもらえるので心配はありません。

それでも、普段の洋服の着こなしと違って、着物を着る場合に意識したほうがよいことがあります。

前撮りの写真は一生の思い出となるものなので、美しく見える姿で撮りたいものですが、洋服と和服姿では美しく見えるポーズが若干異なります。
とりわけ振袖は、左側に中心となる模様が入るように作られているので、左半身がよく見えるように写真を撮ると出来栄えが美しくなります。

それで、左半身を斜め30度から40度ほどの角度をつけて立つときれいにとることができるでしょう。

前撮りにお勧めのポーズ

また、顎を引いて少し上から写真を撮ってもらうと小顔効果が期待できます。
さらに、袖を軽くつまんで腕を広げるようにすると着物の柄を見せるとともにポーズをとる形になります。

着物で写真を撮るポーズとして人気なのが、振り向くような姿です。
「見返り美人」という言葉もあるように、女性が美しく見えるポーズでもありますし、背中の帯を写すことができるので、思い出に残る写真となることでしょう。

着物にかかわらずどんな服装にも言えることですが、おなかに力を入れて背筋を伸ばすと姿勢がよくなり、良い前撮り写真が撮れるはずです。

和装をするなら知っておきたい振袖の柄

成人式の和装姿を見ると、よく使われる柄があることに気が付かれる方も多いかもしれません。

代表的な振袖の柄の一つに鶴があります。鶴は「鶴は千年」という言葉にも
あるように、長寿の願いが込められた柄でもあります。
また、白と黒のコントラストが美しく、華やかさや気品を感じさせるものとなるため、成人のお祝いにはもってこいの柄です。

比較的大きな柄となることから、背の高い方が着ると見栄えがすることでしょう。

さらに、振袖に用いられる柄としてよくあるのが手毬です。手毬は日本に古くからあるおもちゃですが、形が丸いことから、人生で経験する様々なことが丸く収まるようにという願いが込められています。

どんな人にもよく似合う柄ですが、特にかわいらしいイメージの女性によく合うことでしょう。

成人のお祝いの席の和装に用いられる柄としては、松竹梅もあります。
松竹梅の意味ですが、竹や松は寒い冬でも乗り切る強さがあること、また梅も寒さが残る時期に咲く花であることから祝いの象徴としてよく用いられます。

強さがイメージされる柄であるため、元気あふれる方が着られるとしっくりくるはずです。
和装の柄を知っておくことで、成人を祝う集いに参加する意味合いを理解するのにも役立つことでしょう。

縁起柄

前撮りの写真でできること, 前撮りの時期

年賀状に前撮りで撮った写真を使うのはおすすめ

子供の成長を祝う行事である七五三には、子供に和服を着せて前撮りをするご家庭も多いはずです。

七五三の前撮り

11月に神社にお参りに行く時は、落ち着く暇がなくてゆっくり写真が撮れないことが多いので、近年では実際にお参りに行く日よりも前に写真スタジオなどで着物を着た写真を撮影しておくのが一般的になっています。

子供が3歳や5歳、7歳になった時の節目のお祝いに、和服を着てカメラマンに写真撮影をしてもらうのは、成長の記録が残せるのでおすすめの行動ですが、せっかく撮った素敵な写真をアルバムに収めて終わりにするのはもったいないと言えます。

そこでおすすめなのは、その前撮りで撮れた写真を翌年の年賀状に使うことです。
それは、子供が晴れ着を着ている写真にはあらたまった雰囲気があり、お正月の挨拶状に添えるのにはピッタリだからです。

こういった写真を新年の挨拶のハガキに使うことで、親戚や知人などに子供の成長を伝えることもできます。
家族によっては、子供の成長を祝う日にご両親や兄弟もフォーマルな装いで一緒に記念写真を撮るという場合もあるでしょう。

子供だけでなくご家族が一緒に写っていても、華やかな雰囲気で近況報告ができるので、是非よく撮れた一枚を選んで新年のご挨拶に使ってみてはどうでしょうか。

年賀状にもふさわしいおすすめの着物の色や柄

七五三の前撮りをする時には、子供用の着物をレンタルすることが多いのではないでしょうか。
その時に、撮った写真を後日、新年の挨拶状に使おうと思っているのなら、着物の色や柄はお正月にもふさわしい雰囲気があるものを選ぶのがおすすめです。

お正月に親戚や知人に見せるのに適している着物の色としては、男の子は凛々しくあらたまった雰囲気がある色なら間違いないでしょう。
それに対して、女の子なら華やかな雰囲気がある色合いの和服を選べば失敗することはないと考えられます。

着物の柄

七五三で子供用に貸してもらえる和服の柄は、大抵の場合、吉祥文様と呼ばれる縁起の良いモチーフが使われているものです。

例えば、男の子の場合は出世や大成を願う意味が込められた鷹や、災難から守ってくれる象徴としての兜、縁起の良い打ち出の小槌などが和服の柄に使われています。

女の子では、美しく成長することを願った牡丹や桜といった花の柄や、平安時代の貴族の遊びに使われた鞠などが柄として描かれていることが多いです。

このような吉祥文様が描かれている和服はおめでたい席にふさわしいので、お正月のご挨拶にもピッタリと言えます。

前撮りで和服を選ぶ時は、お正月のハガキにも使うことを考えて色や柄を選択してみてはいかがでしょうか。

前撮りの写真でできること, 結婚式の前撮りをするメリット

小さい頃の写真を生かしてユーモア溢れる前撮りを

最近では小道具を使って撮影する前撮りがトレンドになっていますが、
中でも特に注目を集めているのが、自分たちの小さい頃の写真を使う方法です。

幼い頃の自分たちの写真と今の2人を比較することで、成長がわかったり
面影が残っていたりとそれだけで面白い写真を前撮りすることができます。

主役の2人が楽しめるのはもちろん、参列者や親族にとっても興味深く、
かつ一気に盛り上がれる1枚を比較的簡単に撮影することができるのが魅力です。

京都でもそのようなサービスを行っているところが多く、
気軽に感動的な写真が撮れます。

前撮りの写真

例えば、幼い頃の写真を持ち寄って2人が同じポーズをとるのも面白いです。

幼少期には、幼い子どもならではのあどけない姿がたくさん収められています。

満面の笑顔でピースサインをカメラに向けていたり、
手を挙げて万歳の格好をしていたり、元気に走り回っていたりと
見ているだけで笑顔になるような写真が多いです。

前撮りでそんな可愛らしい姿の写真を手に持って、写っている自分たちと
同じポーズをとると、ユーモアたっぷりな仕上がりになります。

さらに、今の立派になった2人との比較も楽しめ、両親も喜ぶこと請け合いです。

シーンに応じた写真の選び方でさらに魅力を増す

前撮りのシーンに合わせた写真の選び方も大切で、あらかじめどんな写真を撮るのか
分かっているなら、それに見合った小さい頃の写真を選んでおくと良いです。

例えば、和装の前撮りをするときには七五三の写真を選ぶのがおすすめです。

かつての幼く可愛らしい、着せられた感満載の七五三での自分たちと、
華やかな和装のウェディング姿を1枚の写真に収めれば、統一感のある
美しい仕上がりになります。

七五三の写真は、撮影したときの年齢がしっかり把握出来るのもメリットです。

この歳の時、こんな風だったのだとみんなで振り返ることができ、
強い感慨深さもあります。

想い出を振り返る

近年特に人気が高いのが、フォトインフォトです。
スマートフォンの画面に被写体を写して画面のほうにピントを合わせて
写真を撮るという技法で、SNSなどでも流行しています。

最近では前撮りに活用するカップルが増えてきていて、
上手に応用できるフォトスタジオが京都にもたくさんあります。

まずスマートフォンの画面に幼い自分たちを映し出しておいて、
その後で2人が寄り添う姿を同じフレームに収めると良いです。

遠近法を利用してトレンド感のある、おしゃれな前撮りの撮影ができます。

前撮りの時期

前撮りにおすすめの時期について

前撮りをするのに人気の時期は桜が咲く頃や紅葉の季節です。

まずは大まかな撮影スケジュールを立てるとよいでしょう。
写真を結婚式などで利用するのであれば、なるべく2か月から3か月前までの日を選ぶことが重要です。

人気のある季節に前撮りをする場合は、予約が多く入っていることがあります。
確実に希望のタイミングで撮影するために、実際よりも1年ほど前に撮るケースも見られます。

季節や曜日などによって料金にも違いがあるので注意が必要です。
基本的に平日の撮影の方が料金が安くなります。

料金が安い

平日の中でも連休を取りやすい月曜日や金曜日が人気です。

前撮りをする人が少なくなる夏や冬は料金が安くなるキャンペーン行われることがあります。

時期について特にこだわりがないのであれば、夏や冬に撮影するのもよいでしょう。
希望の日に撮影を行うには2か月から3か月前に予約をしておきましょう。

一般的な桜のシーズンは3月後半から4月中旬頃にかけてです。
紅葉は11月の中旬から12月中旬までが一般的なシーズンとされています。

桜の季節に撮影したいのであれば1月頃に予約をするのがおすすめです。
紅葉の頃に撮影したい場合は8月までに予約をするとよいでしょう。

京都で前撮りをするならば

京都には桜や紅葉が美しい場所が多数存在します。
前撮りを希望する人の多くが、桜や紅葉の季節を選んでいます。

これらの季節は非常に美しい写真を撮影できるため人気があります。

前撮りをするのであれば、専門業者に相談してみるとよいでしょう。
撮影に最適な季節や場所についてアドバイスをもらうことができます。

業者に相談

実際にスタッフと相談しながら最適なスケジュールを立てるのがおすすめです。

京都には前撮りを請け負う多くの業者が存在します。
インターネットで検索して候補となる業者を選び、
料金やサービスなどを比較検討するとよいでしょう。

経験豊富なスタッフが多く在籍しているかどうかも重要なポイントです。

実績のある業者を選べば最適なプランを提案してもらうことができます。
記念となる写真を撮影するのであれば、なるべく優れた撮影技術を持つスタッフがいる業者を選ぶことが大切です。

長年にわたって活動してきた実績のある業者であれば、基本的に安心して任せることができます。
他の利用者からの口コミ情報なども参考にするとよいでしょう。

身近に前撮りの経験者がいる場合には、信頼できる業者を紹介してもらうのが効率的です。
満足できる写真を撮影するためには優れた業者を選ぶことが重要になります。

前撮りの写真でできること, 結婚式の前撮りをするメリット

前撮りのサービスと写真と年賀状

京都前撮り「美翔苑」は文字通り、白無垢や色打掛など
和装の出で立ちをした新郎新婦を撮影して思い出を残せるように
サービスする和装前撮り専門の業者です。

日本伝統の風景がある京都という土地を活かして桜や新緑、
紅葉の人気のスポットや神社仏閣、隠れ名所で有名な国民公園などを
主なロケーションにしています。

紅葉が人気

勿論、室内もといスタジオでの前撮りも可能です。
また衣装は京都の呉服店や着物レンタル店のこだわった代物ばかりで、
上質な和服を身にまとえますが、プランによっては洋装も利用できます。

スタイリストは年間1000名以上のスタイリングをしている経験豊富なスタッフを軸に、
利用者のニーズに従ってヘアセットを提供しており、またカメラマンは
京都をよく知っており、またプロであるため、自然体な写真が可能です。

出来上がった写真は前撮り及び後撮りも含めて全ての写真をデータにし、
利用者に渡されるので不備はありません。

おかげで利用者は出来上がった写真を年賀状に転用し、
親しい人たちに新年の挨拶とともに報告ができます。

年賀状は貰うのは嬉しいものの、手掛けるのは難しいです。
特に結婚の報告も付け加えるとなるとその写真を選ぶ事に
苦心しますが、プロのおかげで出来た代物であればどんなものでも使用できます。

美翔苑のプランと料金

京都前撮り「美翔苑」の基本的なプランは3つあります。
1つは和装ロケーション1着プラン、もう1つは和装ロケーション及び
スタジオの2着プラン、そして最後の1つが和装ロケーション2着プランです。

通常であれば順番に9万8000円、13万2000円、16万2000円となりますが、
それぞれ6月から8月及び1月から2月、3月から5月及び9月から12月の期間に
前撮りを依頼すれば値段が割引となります。

値段が変わる

例えば和装ロケーション1着プランであれば9万8000円ですが、
6月から8月及び1月から2月なら7万7000円です。

このプランでは3月から5月及び9月から12月は通常価格であるものの、
他のプランでは11万9800円や15万8000円になっています。

他にも前撮りでありながらも日帰りが出来る1日ゆったりプレミアムな
コースや宿泊付きコース、和装と洋装がセットになっているコースなど
多種多様です。

基本的なプラン以外は20万近いものの、値段は期待を裏切らない
出来栄えだといっても過言ではありません。

なお追加料金は早朝料金とアルバム及びデータの送料で発生し、
前者は1000円から5000円、後者は1000円です。

それ以外は移動費も含めて無料とされています。

前撮りの時期

京都で和装前撮りをするなら桜の季節もおすすめ

前撮りを京都で行うなら和装にも気を付ける

和装前撮り京都で前撮りを行うと、とても格式深く歴史を感じさせる写真が出来上がって満足のいくものになるでしょう。

また、背景が桜のある季節であれば情緒深くなお良いです。

なので春に挙式を行う人であれば、前撮りの場所に京都を選ぶのもおすすめと思われます。

前撮りで有名なお店であれば、着物の柄の種類も豊富で選ぶ
段階から楽しむことも可能です。

しかしながら、せっかく古都で撮影を行うのであれば、着物の柄も
意味のあるものを選ぶのが好ましいです。

着物も意味があり、一般的に桜の季節であれば、状態によって
柄も合わせなければなりません。

季節を先取りしたものが良いとされますから、まだつぼみの段階で
あれば花が咲いているものを選び、満開であれば散り始めの模様を
選ぶのが適切です。

そうしたこだわりを入れてあげることで写真の重みも
違ってくるでしょう。

和装は洋装に比べて着るのも大変ですし時間がかかります。

なのでめったにない機械として、着物の模様や和装の柄も自由に
選びたいと考える人も多いですが、写真は色々な人に見せることも
多いので、ずっと残しておいて誰に見せても自信が持てるように、
着物の柄の意味も考えてみると面白いです。

前撮りなら表情も疲れていない

多くの人が前撮りを行うメリットとして、挙式当日には写真撮影に
かける時間が少ないことと、表情が疲れておらず明るい表情のまま
残しておきたいということが挙げられます。

京都での前撮りであれば気分もテンションも自然と上がりますから、
表情も自然なものが残せます。

桜を背景にして写真を撮るとなると、場所も限られてしまうと
感じてしまう人がいますが、並木道になっておらず、庭園に
1本だけ木があるような状態でも、プロの写真家は美しく残して
くれるので安心です。

データに残す

また、すべての木が同じように満開に
なるわけではないので、もし散って
しまった後だったらどうしようという
心配も事前にある程度避けることができます。

京都の人であれば、大体どれくらいの時期
であれば最適なのかも知っているので、
地元でない人はあらかじめお店に確認
しておくのも良いです。

実際に前撮りをしたことがある知り合いがいるのであれば、
そのような経験者の口コミを参考にもしてみましょう。

メリットばかりではなく失敗の経験談も見ることが
できるので参考になります。

こうしておけばよかった、という後悔のないようにしたい
のであればあらかじめ情報を得ておきましょう。