タイミングが大事!家を売る時

時期はいつ?家を売るタイミング

家は大きな価値を持つ資産であるため、売ることで
得られる利益も高額になるケースがあります。

しかし、その時期は非常に重要であり、その時期を見誤れば
何百万円といった売却額の差が生まれることもあるほどです。

家は月日の経過と共に古くなっていき、築20年を超えると
極端に買い手が見つけにくくなると言われています。

そのため、特別な事情がない限り、早めに売るのが
ベターと言えます。早めに売る

ところが、家を所有してから売るまでの期間が
5年以下の場合の売却益を短期譲渡所得、5年を超えての
売却益を長期譲渡所得と呼びます。

短期譲渡所得では利益を得たいがために不動産を
購入しているみなされるので、やや税額が高めに
設定されています。

長期的一方で長期譲渡所得では税額が低いので、
5年間は売らずに所有しておくのも
1つの手です。

ただ、売却益に対して3000万円までは
マイホーム特例による控除が
認められています。

マイホーム特例は確定申告を行えば
簡単の受けることが出来ます。

つまり、マイホーム特例による控除の範囲内であれば
短期譲渡所得であっても、長期譲渡所得であっても
問題はありません。

そのため、それほど高額で売れることを見込んでいない場合は
短期と長期にこだわらずに売るのが良いとされています。

気をつけておきたいのが相続税の納付です。

自分が家などの資産を遺産として譲り受けた場合は、
相続税を現金で用意しなければなりません。

あまりにも大きな相続税の場合には家を売って
支払うしかなく、その場合はタイミングを
見極める余裕はあまりありません。

タイミングが大事!家を売る時

査定価格は高いほうが家を売却する時に良いのか

家の売却に於いて、高い査定価格を提示してもらえることで
魅力に感じられるのは間違いありません。

ただ、高いから良いと単純に言えないところもあるのです。

領域高値を提示する業者に注意した方が
良い理由もありますが、まず客寄せを
目的とした金額提示になっている
ことがあるからです。

高く家を売却したいという希望は
誰しも持つものであり、媒介で
売る時にも高値を出してくれた
業者に頼みたくなるものです。

しかし、提示された額が相場よりも高い場合は
釣りエサになっていることがありますし、実際に
媒介契約を結んだ時にも、適当な理由で
売値を下げられてしまう可能性も否めません。

そのため、高値を提示してくれたからといって
安易に飛びつくのではなく、しっかりとその金額になった
根拠や業者の信頼性をチェックした上で
判断しなければいけません。つかる

売却できる可能性が低くなってしまう恐れがあるのも
単純に高値が良いとは言えない理由です。

家は高く売れるに越したことはありませんが、
だからといって希望額を優先した金額の付け方ですと
売れない可能性があります。

購入する側は周辺の家の相場も意識しながら
探しますので、相場よりも高値を設定していると
売却しにくい状況になってしまいます。

売却で大事なのは実際に売ることができるかどうか
でもありますから、高値を追求するだけではいけません。

時には相場を考慮して高値売却を妥協することも
必要になりますので、そのあたりの折り合いを
しっかりと付けた売却活動が大切です。