やるべきこと

注意すべき家を売るときの仲介契約

家を売るときには、一般的に専門業者と媒介契約を結んで
買主となる人を仲介してもらいます。

専門業者と契約することにより、家を素早く
確実に売ることができるでしょう。すがすがしさ

専門業者との媒介契約には、3つの方法があります。

一般媒介は、複数の業者と契約することができる方法で、
売主が自分で買主を見つけも構いません。

専任媒介と専属専任媒介は、契約できるのは1社のみです。

専属専任媒介の場合は、売主が自分で買主を
見つけることもできません。

媒介契約を結ぶときに注意したいのは、できるだけ
専任媒介か専属専任媒介で契約すると言うことです。

一見すると複数の業者と契約可能な一般媒介は、
家を売るときに有利と思うかもしれません。

しかし、一般媒介だと契約した専門業者は、積極的に
買主を探してくれません。

コストをかけて買主を探しても、他の業者が先に見つけて
売買契約が結ばれてしまったら、仲介手数料を得ることが
できないからです。気になることを解消

無駄にコストをかけることになりかねないので、一般媒介は
家を売るときにリスクが非常に大きい媒介契約です。

専任媒介や専属専任媒介なら、一般媒介とは違い
競争相手がいません。

買主を見つければ仲介手数料を得られるので、
専門業者は積極的に宣伝をしてくれます。

そのため、家を素早く売ることも可能なので、特に
理由がないなら専任媒介か専属専任媒介を選びましょう。

専任媒介や専属専任媒介なら、定期的に報告を
受け取れるので安心感もあります。