やるべきこと

【家を売る】のと【家を建てる】ではどちらを先に行うべき?

家を売るのと建てるのではどちらを先に行うべきかで
お悩みの方もいるようです。まずは相談

どちらを先に行うかは、条件によって異なります。

家を売ることを先に行うと、まとまった資金を得てから
家を建てることができるので、資金面での不安が
なくなるというメリットはありますが、
売ってしまってから新しい家が建つまでの期間は
どこに住むのかという問題が出てきます。

短期間だけアパートを借りたり、マンスリーマンションなどを
利用するとなると、思っていたよりも高い費用がかかることが
あるので注意が必要です。

また、一度アパートやマンスリーマンションを利用するために
引越しを行い、そして新しい家を建ててから再度引越しを
行うことになるので、引越しの手間もかかります。

逆に家を先に建ててから売るとなると、すぐに売ることができれば
問題はないのですが、すぐに物件が売れるとは限りません。問題が起こる

いつまでも物件が売れない状態が続くと、
売る物件に住宅ローンが残っている場合は
新しい物件のローンと重なり、ローンの
支払いで生活が苦しくなってしまうことが
あります。

ローンが残っていなければ問題はないのですが、
ローンが残っているときは、物件がいつ
売却できるか分らないので注意が必要です。

また、新しく家を建てるときは、手付金の準備も必要となります。

資金面の不安はありますが、引越しは一度で終わるので、
面倒な荷造りや手続きなどは一度で完了するという
メリットがあります。

条件を比較して、どちらが自分に合っているのかを選びましょう。

やるべきこと

箇条書きで伝授!家を売る為に行う事

環境のいい場所にある家であれば、売りに出せば
簡単に買い手が見つかることもあります。

高いしかし不便な環境の場所にある家の場合は、
売りたくてもなかなか買い手が見つからない
こともあり、いつまでたっても売ることが
出来ずに困ることになります。

家をなかなか売ることが出来なければ、
売ったお金を手にすることが出来ませんので、
早くお金を手にしたい人にとっては
やきもきすることになるでしょう。

早く家を売るためには自分で出来ることを
しなくてはなりません。

家を売るためにしておきたいことは、家を掃除する、
複数の業者で査定、相場を知ることです。

家を掃除することによってきれいになれば、
業者の見る目も変わってきますし、買い手からの
印象も変わることになりますので、いい印象を
与えるためにも掃除は必要なことになります。考えること

掃除が行き届いていなければ清潔感がありませんので、
嫌な印象になりますので、必ず掃除はしておきましょう。

複数の業者で査定をしてもらう理由は、業者によって
評価額が変わってくるからです。

その差は数十万円から数百万円もの差が出ることも
ありますので、損をしないためには必要です。

そして、周囲の相場を知っておくことも忘れてはいけません。

相場からかけ離れた金額では損をしてしまうことも
ありますし、なかなか売れない原因になる場合もあります。

家を売るためには、あらゆる知識をつけてから
行うようにしたほうが、損をしない売り方を
することが出来るでしょう。

タイミングが大事!家を売る時

時期はいつ?家を売るタイミング

家は大きな価値を持つ資産であるため、売ることで
得られる利益も高額になるケースがあります。

しかし、その時期は非常に重要であり、その時期を見誤れば
何百万円といった売却額の差が生まれることもあるほどです。

家は月日の経過と共に古くなっていき、築20年を超えると
極端に買い手が見つけにくくなると言われています。

そのため、特別な事情がない限り、早めに売るのが
ベターと言えます。早めに売る

ところが、家を所有してから売るまでの期間が
5年以下の場合の売却益を短期譲渡所得、5年を超えての
売却益を長期譲渡所得と呼びます。

短期譲渡所得では利益を得たいがために不動産を
購入しているみなされるので、やや税額が高めに
設定されています。

長期的一方で長期譲渡所得では税額が低いので、
5年間は売らずに所有しておくのも
1つの手です。

ただ、売却益に対して3000万円までは
マイホーム特例による控除が
認められています。

マイホーム特例は確定申告を行えば
簡単の受けることが出来ます。

つまり、マイホーム特例による控除の範囲内であれば
短期譲渡所得であっても、長期譲渡所得であっても
問題はありません。

そのため、それほど高額で売れることを見込んでいない場合は
短期と長期にこだわらずに売るのが良いとされています。

気をつけておきたいのが相続税の納付です。

自分が家などの資産を遺産として譲り受けた場合は、
相続税を現金で用意しなければなりません。

あまりにも大きな相続税の場合には家を売って
支払うしかなく、その場合はタイミングを
見極める余裕はあまりありません。

やるべきこと

注意すべき家を売るときの仲介契約

家を売るときには、一般的に専門業者と媒介契約を結んで
買主となる人を仲介してもらいます。

専門業者と契約することにより、家を素早く
確実に売ることができるでしょう。すがすがしさ

専門業者との媒介契約には、3つの方法があります。

一般媒介は、複数の業者と契約することができる方法で、
売主が自分で買主を見つけも構いません。

専任媒介と専属専任媒介は、契約できるのは1社のみです。

専属専任媒介の場合は、売主が自分で買主を
見つけることもできません。

媒介契約を結ぶときに注意したいのは、できるだけ
専任媒介か専属専任媒介で契約すると言うことです。

一見すると複数の業者と契約可能な一般媒介は、
家を売るときに有利と思うかもしれません。

しかし、一般媒介だと契約した専門業者は、積極的に
買主を探してくれません。

コストをかけて買主を探しても、他の業者が先に見つけて
売買契約が結ばれてしまったら、仲介手数料を得ることが
できないからです。気になることを解消

無駄にコストをかけることになりかねないので、一般媒介は
家を売るときにリスクが非常に大きい媒介契約です。

専任媒介や専属専任媒介なら、一般媒介とは違い
競争相手がいません。

買主を見つければ仲介手数料を得られるので、
専門業者は積極的に宣伝をしてくれます。

そのため、家を素早く売ることも可能なので、特に
理由がないなら専任媒介か専属専任媒介を選びましょう。

専任媒介や専属専任媒介なら、定期的に報告を
受け取れるので安心感もあります。